1. TOP
  2. 未分類
  3. 病気リスク下げる歩き方

病気リスク下げる歩き方

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 385 Views
病気リスク下げる歩き方

1日8,000歩、うち20分間だけ早歩き

さまざまな病気のリスクを減らし、健康寿命を延ばす。
“中之条の奇跡”と呼ばれている歩き方。

 

群馬県の北西部に位置する人口約1万5,000人の中之条町。この小さな町で行われている研究から生まれた歩き方が生活習慣病を予防し、健康寿命まで延ばすとして世界から注目を集め“中之条の奇跡”とまで呼ばれている。

 

青柳幸利

群馬県中之条町のこの研究を主導しているのが、青柳幸利先生。東京都健康長寿医療センター研究所・社会参加と地域保健研究チーム専門副部長。

 

5,000人を調査

「’00年から20年にわたって5,000人を超す人を対象に調査を行ってきました。その結果、1日8,000歩、うち20分間だけ早歩きをすると、さまざまな病気を予防できることがわかったのです」

 

病気予防の効果

毎日の歩数が2,000歩未満の人に比べて、8,000歩・20分の早歩きをする人は死因の上位を占める、がんの有病率が4分の1、心疾患が12分の1、脳卒中が15分の1に。生活習慣病の糖尿病や高血圧、動脈硬化の予防もできたという。

 

医療費1人あたり7,000円も削減

大きく変わったのは町の医療費だ。中之条町に住む70〜74歳の昨年5月の医療費は、活動量計を装着していない人と比べて、装着している人が約1万7,000円も安かった。単純計算で年間1人あたり約20万円も医療費が削減されていることになる。

 

高血圧の患者

町民の健康診断結果からもその効果は一目瞭然。検査に引っかかった人の多くが、活動量計をつけて1年間生活することで、血圧やコレステロール値(HDL)が改善した。数々の成果を出す毎日8,000歩・20分の早歩き。研究に参加する町民も話を聞かせてくれた。

 

「50代から高血圧で降圧剤は欠かせなくて……。毎朝、測った血圧の高さによって降圧剤を飲む量を決めているんです。でも最近は薬を飲まなかったり、半量にしたり。医師からも『血圧が安定していますね』と言われています」

 

 

まとめ

毎日8,000歩・20分の早歩きが病気リスクを下げる!

ちょっとした近場の用事など、あえて早歩きで行動してみるのもよさそげです。。

歩くことの健康効果を考えると、ちゃんと歩ける足腰を維持するのも大切ですね。逆に考えると早く歩けなくなるということは、健康状態がピンチなのかもしれません。

 

\ SNSでシェアしよう! /

美脚姫の注目記事を受け取ろう

病気リスク下げる歩き方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美脚姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 靴を脱ぐという新型コロナウイルス対策

  • 病気リスク下げる歩き方

  • ニーイン&足首の外販注意報・今田美桜さんの美脚芸能人チェック

  • ヴェイパーフライというナイキのランキングシューズ

関連記事

  • O脚やX脚が膝の痛みの原因になる理由

  • 靴を脱ぐという新型コロナウイルス対策

  • 医師に聞く#KuToo

  • 死ぬまで歩く7つのメソッド

  • 下駄とハイヒールはどっちも高いのに、なぜ足への負担が違うのか?

  • 膝の痛みの原因:きゃりーぱみゅぱみゅ編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。