1. TOP
  2. 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

病気・症状
この記事は約 3 分で読めます。 187 Views

下肢静脈瘤の初期症状

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤には、足がだるかったり、足の皮膚が黒ずんでいたり、足に湿疹が出たり、足にかゆみが出たりするのが初期症状。 下肢静脈瘤と言えば、ふくらはぎに血管が浮き出る病気だと思われるかもしれませんが、目に見えるようなるとかなり進行した状態です。

下半身、特に脚~足のの血流が悪くなることで、ままざまな障害が現れます。 代表的な4つの疾患タイプがありますので、当てはまらないかをチェックしてみましょう。

伏在静脈瘤

血管が蛇行するように浮き出るのは「伏在静脈瘤」と呼ばれています。

側枝静脈瘤

また、細い血管が浮き出てくるのは「側枝静脈瘤」です。

網目状静脈瘤

よく太ももに見られるような、細い静脈が皮膚の上からすけて見えてしまう「網目状静脈瘤」もあります。

くもの巣状静脈瘤

毛細血管が放射線状になって見える「くもの巣状静脈瘤」があります。

この4タイプがありますが、このような症状になるのは理由があります。 まずあなたの足の健康状態がよければ弁が正常に機能しますが、血行不良によって血液の逆流を防止する弁に問題が発生するからです。

この弁は、足にある静脈血管内には、重力に負けて血液が逆流してしまうことを防止する、「逆流防止弁」のことで、静脈弁といいます。 足の血流が悪くなると、この弁がきちんと閉じなくなってしまうのです。

むくみ

例えば仕事で立ちっぱなしや、問題のある靴で疲れてしまったりすると、弁が正常に機能しなくなると、足の血液の逆流が起こってしまいます。 通常のむくみは一晩寝れば回復しますが、回復しない場合は要注意です。 特に女性の場合はパンプスやハイヒールの悪影響でつま先まで血液がしっかりと循環できない場合が多くあります。

溜まってしまった血液は、血管を広げて静脈瘤を作ります。 これが血管を拡げてボコボコの状態になるので、目に煮える大きさになっている場合は相当に症状が進んでいるのです。

かゆみ、皮膚炎

足の血液が停滞してしまうと、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着となったり、出血することもあるでしょう。また、難治性潰瘍となって残ることもあるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

美脚姫の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美脚姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 足指に特徴あり!北原里英さんの美脚チェック

  • 女性の40代から急増!治療法のない膝の痛みからの変形性膝関節症

  • 金メダリストもナンバ歩き

  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

関連記事

  • 女性の40代から急増!治療法のない膝の痛みからの変形性膝関節症

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。