1. TOP
  2. 走れるパンプス

走れるパンプス


この記事は約 3 分で読めます。 205 Views

疲れないパンプス

以前、フットトレーナーズでオーダーメイドでインソールを作ってもらった時。 革靴でも自己最速出せるな。と感じたのを思い出してしまいました。

いや別にパンプスでは走らないでしょう。と思いつつもテレビCMでも流れるほど、プロモーションに力をいれているんですね。 「走れる」というのがキャッチコピーになるなら、従来のパンプスは「走れない」ということですよね。

いやわかります、そもそも走るための靴ではないから走れなくてもいいんです。 でも、走れない理由は、関連語でもでてくる「疲れない」、「痛くならない」というのがポイントでしょう。

震災をきっかけに、女性の履き物に対する意識が変わったとも言われ、今までの靴のクォリティが低いということなんですね。 そんな中で「走れるパンプスパワーアップキット?」を見つけました。

本当に走れるようになるパンプスベルトというらしいですね。 一般的な「走れるパンプス」とは違うのでしょうが、このパンプスベルトの存在が、従来の歩けないパンプスの問題点を明らかにしています。

このパンプスベルトをつけることのメリットが、かかとがパカパカしないこと。 逆に考えると、かかとがパカパカする靴は、走れない(歩くための靴ではないということなんですね。

たとえばスリッパ。 走れませんよね? 実は小学校の上履きなんてのも、ダメな靴の代表格。 最近では「アサヒ健康くん」のような足に良い上履きも登場しています。 形状も足の甲をフィットさせていますね。

このように足の甲をホールドしないと、足裏を使って歩くことができないんですね。 靴というのは、紐靴のことを指します。 ローファータイプは、その意味の通り、怠け者(loafer)、靴紐をちゃんと結ばない怠け者、というのが大前提なんですね。

汗をかかずに怠けた者は、将来 涙として流すことになる。 それが足のトラブルになるということです。

パンプスで走る必要はありませんが、怠けた分は必ずツケを払うことになります。 「疲れる」、「痛い」は靴がダメな証拠です。 足は嘘をつくことがありませんので、足のトラブルには十分に注意しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美脚姫の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美脚姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 足指に特徴あり!北原里英さんの美脚チェック

  • 女性の40代から急増!治療法のない膝の痛みからの変形性膝関節症

  • 金メダリストもナンバ歩き

  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

関連記事

  • 賢い日本人が革靴を履かなかった理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。